メス化・女装プレイを楽しむサイト集めました!
  • Hearts
  • Hearts
  • 雌逝
  • 女装恋MIX
  • おんなのこごっこ
  • 女装子ねっと
  • シーメールコレクション
  • ペニクリANGEL
  • 男の娘れぼりゅーしょん!
  • カマレズ入門講座
  • LGBTカム

女になってみる?

chara_les03

  • 神奈川県
  • HIMARI
  • 27才
  • メス化調教

個人調教師として日本全国で出張メス化調教を行っています。
可愛い男や不細工なマゾ男を前立腺開発でメスイキさせるのが趣味。
乳首オナニーとかアナニーの相談とかもOK。私に身を捧げてみない?
正真正銘のメスになる気持ちよさを教えてあげるよ…?

詳細確認

強制性転換調教ケツマンコ

pv009_1608081

強制的に性転換調教を受けたマゾニューハーフは、ケツマンコの感度を普通の男性の数十倍に上げられるものです。
たとえば前立腺にまだ触れてもいないのに、腸内の壁を少し刺激されるだけでも簡単にイってしまう場合があります。

この特徴を上手く利用すれば普段女性をイカセる力に乏しいと感じている男性は、実に簡単に女をイカセることを経験することができます。
たとえ元は男でも女性に自分自身の力で効果的な攻めを行うことができるようになれば、どのような童貞男子もアナル拡張の素晴らしさを理解できるのです。

続きを読む

2019年2月25日 カテゴリ:

タックはオナニーよりセックスで活かせ

pv009_1601081

男の下半身はペニスタックで女らしい見た目にできるものであり、このタック技術を習得することがメス化の第一歩です。
現に私はこれまで何度もタックで女性器を偽装し、どう見ても女性の下半身にしか見えない下着姿などを写真に収めることができました。

おかげさまで自分なりに女性らしい姿になれて気持ち良い女装オナニーができるようになりましたが、この完璧な女装姿のまま犯されてみたいとも考えました。
結果として私は今回成功させたタック下着姿のまま、一人の女王様にアナルファックされることで、自慰行為より強力な快楽を味わうことができました。

続きを読む

2019年2月22日 カテゴリ:

強制女装で種付けメスイキ体験させてみた

pv009_1603291

強制的に女装させられることを望む若い男性はとても増えており、彼らを実際に強制女装させて種付けファックすることは最近とても人気があります。
一般的にはゲイやバイと呼ばれる男たちが行うこのての調教的なセックスは、アナル拡張もあまり進んでいないノンケ男を一瞬でメス化させてしまう強烈な効果を持っています。

特に前立腺開発やメスイキといったものに興味を持っている初心者女装子が多い女装専門サイトでは、合意の上で激しくアナルファックとアナル開発ができる都合の良い相手が見つかりやすいものです。
実際に私は以前何度か素人男の娘とこのてのサイトで出会い、彼女を完全にメス化するまで強制メスイキ体験させてやったことがあります。

続きを読む

2019年2月19日 カテゴリ:

ほぼ強制的な女性化調教の効果とは

pv009_180608

強制メス化調教といったようなワードをよくネット上で見かけますが、多くの場合これは本当の意味で強制的に行われているものではありません。
なぜかは分かりませんが基本的に肉体の女性化を目指している人の多くはマゾ寄りの性癖を持っていて、強制的に身体を開発されることに興味を持つ人が多いようです。

実際私がメス化を希望する女装子やニューハーフが多く集まるサイトで出会い探しをしたところ、強制女性化調教やりますよなんていう募集をかけると高確率で良い出会いが見つかりました。
そして実際に出会ったあとはホテルで強制などと言いつつもしっかり打ち合わせをして、同意を得た上でシチュエーションプレイを行えば、これがなかなか気持ちよく楽しめるので良いものです。

続きを読む

2019年2月18日 カテゴリ:

女性ホルモンと調教を受けて女性化する方法

pv009_1701191

肉体のみならずメンタル面でも女性化を目指すニューハーフさんが最近は多いです。
性転換手術を受けるのはさすがに敷居が高いと考えて、女性ホルモンを医師から処方されたり、個人的にタックのやり方を学んで女性化に励む人は今多いのです。

身体にメスを入れなくても丹念に前立腺を刺激したり陰茎を露出させない生活を続ければ、見た目だけでなく身体の反応も女性に近くなると考える人は多いようです。
そしてニューハーフとそれを好む男性が多く出会いを得る場所でパートナー探しを続ければ、実際のところ高い確率で良い出会いが見つかるようです。

続きを読む

2019年2月15日 カテゴリ:
Return to Top ▲Return to Top ▲