メス化・女装プレイを楽しむサイト集めました!
  • Hearts
  • 雌逝
  • 女装恋MIX
  • おんなのこごっこ
  • 女装子ねっと
  • シーメールコレクション
  • ペニクリANGEL
  • 男の娘れぼりゅーしょん!
  • カマレズ入門講座

女装子さん居ますか?

chara_les01

  • 東京都
  • rina
  • 25才
  • 女装レズ

渋谷で完女している初心者です。
メイクとウィッグで完パスできてるから見た目はいいと思います。
同じような女装子さんとレズプレイしてみたいのでお願いします。
お互い楽しくペニクリ責めたりケツマンコで遊びたいな。

詳細確認

完パス女装子と出会いたい人へ

pv009_1703161

完パスと呼ばれるレベルの女装子は、見た目が完全に女子と同一、又はそれ以上なので素材が女性だとは見破られにくいものです。
しかも見た目だけではなく声質や仕草まで完全にメス化させた上で、徹頭徹尾女として生きる人さえ居るのです。

女性ホルモンの投与で一種の治療を受けているようなジェンダーの方やオペ済みニューハーフの方とはまた違い、そのての完パス女装子はメスを入れずに完璧な女性になるための努力をしています。
そのためペニクリが付いたままの相手や、シーメールのような希少で本格的な相手とまで出会う必要がないと考えている人は、まずは近所で出会える女装子と仲良くなってみると良いのではないでしょうか。

メス化

誰が見ても女性にしか見えない完パス女装子とは、一度だけ自分も出会ったことがありますが、彼女は性格が男のままなので付き合いやすい割にセックスには積極的なので楽しい関係を築くことができました。

人によっては女装子というだけで抵抗があるかもしれませんが、一度実際に会って話したり触れ合ったりしてみると、意外と自然に楽しめたりするものです。
なので食わず嫌いで視野が狭いままで暮らしているよりは、試しに女装子と出会ってあれこれ交流してみることをお勧めしたいです。

2017年3月18日 カテゴリ:

ホルモン強制女体化調教による疑似奴隷女性の作り方

pv009_1703141

自分だけの奴隷女を持つことは、ドSで歪んだ男にとって永遠の夢です。
なので実際に正真正銘の奴隷女を手に入れようなどと考えるのは、その人が現実を直視できていない証拠です。

今時本当に奴隷女を飼育して調教するような刺激が欲しいなら、女を探すのではなく元男の女、つまりマゾニューハーフを探して出会ってみるべきです。
実のところ今時はマゾな性癖を持つニューハーフが変態向けサイトによく居るもので、彼女たちと出会えば女性よりもスムーズに合意の上でSMプレイが楽しめるでしょう。

続きを読む

2017年3月14日 カテゴリ:

人工女性器とタックの組み合わせ方

pv009_1703101

陰茎を体内に収納して女性の下半身とまったく同じように見せる技術がタックです。
このタックのやり方を覚えてしまえばあとは女性用の下着を穿くだけでも見た目はとても綺麗に見えるものです。

しかしそんな見た目も下着を脱いでしまえばそこまで綺麗には見えず、単に性器の部分がくぼんでいるようにしか見えません。
なのでできれば人工女性器とも呼ばれる、股間に装着するジョークグッズを活用してみることをお勧めします。

続きを読む

2017年3月11日 カテゴリ:

女性化ケツマンコと乳首の入手方法まとめ

pv009_1703081

男がメス堕ちしてメスイキと呼ばれる快楽を体験するようになるためには、まずはそれに見合った調教を自分自身に施していく必要があります。
たとえばチクニーこと乳首オナニーや、アナニーことアナルオナニーといった自慰行為のノウハウを、独学で学んでいくことは有意義でしょう。

しかし女性化したと言えるほどのケツマンコと乳首を手に入れるためには、マッサージの効力と同じで、どうしても第三者の助力が必要になるのです。
ゆえにすでにメス化をほぼ完了したと言える人たちの多くは、男性を責めることが好きな女性たちが多く存在する場所でパートナーと出会って遊んでいるのです。

続きを読む

2017年3月8日 カテゴリ:

女装子が女性化してメスイキオナニーを楽しむ手順

pv009_1702271

メイクやウィッグなど女装の基本すらまだまだ勉強中という初心者女装子さんは世の中に多いみたいですね。
また、女装をせずに身体だけを女性化させてメスイキオナニーを楽しむ手順だけを学びたいという人も居るでしょう。

そんなメスイキに魅入られた人たちにひとまずおすすめしたいのは、メスイキをすでに体験したことがあるニューハーフ女王様と出会うことです。
そのての女王様と出会うことは今時、ニューハーフを専門に扱う出会いサイトをフル活用すればそれほど難しいことではありません。

続きを読む

2017年3月2日 カテゴリ:
Return to Top ▲Return to Top ▲