メス化・女装プレイを楽しむサイト集めました!
  • Hearts
  • 雌逝
  • 女装恋MIX
  • おんなのこごっこ
  • 女装子ねっと
  • シーメールコレクション
  • ペニクリANGEL
  • 男の娘れぼりゅーしょん!
  • カマレズ入門講座

女装子さん居ますか?

chara_les01

  • 東京都
  • rina
  • 25才
  • 女装レズ

渋谷で完女している初心者です。
メイクとウィッグで完パスできてるから見た目はいいと思います。
同じような女装子さんとレズプレイしてみたいのでお願いします。
お互い楽しくペニクリ責めたりケツマンコで遊びたいな。

詳細確認

股間から睾丸をなくすタックという魔術

pv009_171215

男性を男性足り得る存在にしているのはなんといってもそれが持つ男性器、つまりはペニスでしょう。
なのでこのペニスを取り除くか、外見上だけでも見えない様にすることが、完全女装子や性転換を望むニューハーフにとっては必要なことです。

そしてそれを実現するための簡易な方法として今特に注目されているのがタックと呼ばれる行為です。
これは男性器を股の骨の間に押し込めて隠す行為で、これが上手いニューハーフなどは裸になってもなかなか男性に見えなかったりします。

私自身実際にニューハーフ系の専門サイトでそのてのタックを常に行っているタイプの相手と出会い、そのカラダを味わったことがありますが、やはりタックで性器がないように見えるだけでも印象が大きく変わります。
上手く行えば素股プレイや疑似女性器への挿入なども行えるため、実は究めれば究めるほど面白さの増していくところでもあります。

ニューハーフとの交際はタックのみならず性転換手術による人工性器の堪能や、さまざまなメス化調教など、男女の交際とはまたひとつ違った刺激が楽しめる特徴があります。
なので普通の女性との交際に飽きてきた人や、より斬新で刺激的な性体験を望む人にこそ、ニューハーフ専門サイトなどでの出会い探しと交際を強くお勧めしたいと思います。

2017年12月15日 カテゴリ:

メスイキしたいニューハーフの変態的なアナニー方法

pv009_171201

今や女装子やニューハーフのみならずマゾ系男子全般に人気があるアナニー。
この実践方法を学ぶために日々勉学に励む人も最近は多いのだそうで、世の中変わったものだなと驚きです。

しかし実際のところ、長年ニューハーフとして過ごして来ながらも、これまで一度もメスイキをアナルオナニーで味わったことがないという人も居ます。
そんなメスイキしたいニューハーフの中には、かなり変態的なアナニー方法を実行に移す人も多いものです。

続きを読む

2017年12月1日 カテゴリ:

タックニューハーフのアナルをメス化調教する方法

pv009_1711211

近ごろの素人ニューハーフはよく専門の出会いサイトで出会い探しを楽しんでいるものです。
なのでこういったサイトを利用すれば、今時はNHやシーメールと一度も関係を持ったことがない人でも良い出会いが手に入りやすいものです。

実際私の場合はこれまで何度もそういったサイトで出会いを得ており、最近は特に入れ食い状態じゃないかと思うほどに高確率で良い出会いが手に入っています。
直近で出会ったニューハーフであれば、彼女は性転換手術はまだなものの、タックが上手いという人が居ました。

続きを読む

2017年11月21日 カテゴリ:

アナルプラグ体験談を参考にメスイキ開発を進めよう

pv009_1709211

ネット上には今時アナルプラグを使った自慰体験をしている人が多く居り、彼らの多くは定期的にブログを更新しています。
そのてのブログに載っている記事にはアナル拡張を進める上で大切な処置や準備についての記述が多く載っています。

こういったブログに載っている情報を上手く使えば自力でもアナル拡張を進めていくことができるでしょう。
しかし実際に自分の身体の反応を見て最適な開発を行うことは自力だけでは難しいため、できることならSMサイトなどで良質なパートナーとの出会いを得た上で技術を学んでみるべきかと思います。

続きを読む

2017年9月23日 カテゴリ:

精嚢オナニー好きな男の娘にドライでイクことを半強制

pv009_1709061

素人女装子やニューハーフとの出会いを気軽に手に入れることができると評判の専門出会いサイト。
こういったサイトを使って自分好みのシーメールなどと出会うのが好きな男性は多いものです。

そして出会った相手に同意の上で様々な調教を加え、より自分好みのセックスパートナーに仕上げることも楽しまれています。
実際私もこの間、精嚢オナニー好きな男の娘にドライでイクことを半強制するプレイを楽しんだばかりです。

続きを読む

2017年9月6日 カテゴリ:
Return to Top ▲Return to Top ▲