メス化・女装プレイを楽しむサイト集めました!
  • 雌逝
  • 女装恋MIX
  • おんなのこごっこ
  • 女装子ねっと
  • シーメールコレクション
  • ペニクリANGEL
  • 男の娘れぼりゅーしょん!
  • カマレズ入門講座

女になってみる?

chara_les03

  • 神奈川県
  • HIMARI
  • 27才
  • メス化調教

個人調教師として日本全国で出張メス化調教を行っています。
可愛い男や不細工なマゾ男を前立腺開発でメスイキさせるのが趣味。
乳首オナニーとかアナニーの相談とかもOK。私に身を捧げてみない?
正真正銘のメスになる気持ちよさを教えてあげるよ…?

詳細確認

タック女装小説を読んで完パスを目指す

pv009_1704191

男性の身体をより女性に近いものに造り替える技術というのはさまざまな種類がありますが、中でも性転換手術はその究極形に位置するものです。
性器などに医師が麻酔を使った後でメスを入れるような、完全に手術と呼べる形で行うものなので、当然ながらほぼ完全に身体はメス化してしまいます。

ただこれを実践するとなるとコストもリスクも高くつくため、ほとんどの人はそのようなオペ以外の方法、たとえばタックやアナル拡張などで性転換を目指します。
当然そういった性転換は性感や見た目をごまかして女っぽくなるだけの方法ですが、女装系の小説や漫画などに影響されて、自分を性的な意味で女性化させたいと考えているような人には十分な方法だと思います。

続きを読む

2017年4月19日 カテゴリ:

女装子のホルモンセックスブログを拝見

pv009_1704131

たとえば男性の身体に女性ホルモンを投与すれば、ホルモンバランスが崩れて身体のさまざまな機能が女性に近づくのは当たり前の話に思えます。
しかし実際のところ男性が男性である所以のペニスが突如外れたりすることはありませんし、ホルモンバランスを人為的に崩すわけですから、体調バランスも同様に崩れることが多いものです。

それゆえに女性ホルモンの投与や接種についてはくれぐれも自己判断で行うのではなく、専門家の助言や指導を受けてから行うべきでしょう。
そういった注意点や不安定な要素がある時点で、本気で自分の身体も心も完全に性転換させたいと願う人でない限り、女性ホルモンを個人レベルで取り扱うのは極力やめておいた方がいいでしょう。

続きを読む

2017年4月15日 カテゴリ:

無理やり女装と女性化タックの仕打ち

pv009_1704121

特に女装や性的倒錯プレイに興味がない男性であっても、そのての調教に優れた女性と出会えば、ほとんどの人は自身の女性化を受け入れてしまうものです。
たとえば普通は女装子が自主的に行うような女装を半ば無理やりさせられたり、極めつけにタックと呼ばれるペニスの収納まで行えば、男性は見た目の上でほぼ完全に女性化してしまいます。

そのためほんの少しでもメスイキと呼ばれる快楽や、性的倒錯プレイに興味がある人であれば、一度そのてのプレイを楽しめるパートナーを探している相手と出会ってみることをお勧めします。
近ごろはメス化調教などのパートナー探しに便利なサイトが急激に増えてきており、こういった出会いの場を使えば相手探しに困ることはほとんどないでしょう。

続きを読む

2017年4月12日 カテゴリ:

素人アナルの女性化にホルモンは不要

pv009_1704061

自認する性と身体的な性が乖離している人の中には、女性ホルモンの投与を日常的に行っている人が居ますね。
こういったホルモン投与はある意味物理的に男性を女性化させる方法なので、性転換を本気で目指している人には有用かもしれません。

しかし、この女性ホルモンの投与は日々の体調に影響が出る場合もありますし、なにより男性から女性にすべて生まれ変わるのだという覚悟がある程度必要になります。
そのため、単に性的快楽を求めてとか、あくまでひとつの趣味として性転換や女性化、メス化に興味を持っている人は、あえて女性ホルモンを活用する必要はないでしょう。

続きを読む

2017年4月8日 カテゴリ:

強制女装レズで性器も女装する展開に

pv009_1704051

完全女装とかトコロテンとかタックとか、そのてのメス化技術に興味を持っている男性は意外と多いみたいです。
そして同時にそんなメスイキなどの快楽を味わうための行動を、どうにも一歩踏み出せず、まだ実際行動できていない人も多いようですね。

しかしそんな消極的な態度で一人悩んでいても、時間が経つに連れて行動力も意志も弱くなってしまうのが人間というもの。
ですから女装やメスイキといったプレイに興味がある男性は、まずはひとまず悩みやテクを共有できる女装仲間と出会うことから始めてみることをおすすめします。

続きを読む

2017年4月6日 カテゴリ:
Return to Top ▲Return to Top ▲