カテゴリー:体験談の記事一覧

ニューハーフ風俗嬢に恋しちゃった男の付き合う迄の努力の日々

3

ニューハーフ風俗嬢に恋しちゃった男の付き合う迄の努力の日々

preface

ニューハーフをもし本気で好きになったとしたらどうします?
ニューハーフってただでさえ出会うチャンスが限られてるんでそのタイミングがもしあったなら絶対に逃したくないものですよね。

今回は元々ニューハーフに興味があった僕がニューハーフの風俗嬢をゲットして付き合うまでの流れをざっと語っていきたいと思います。
特別ぶっ飛んだことはしてないので参考になるかもしれませんがその分もしかしたら面白味には欠けるかもしれません笑
よかったら是非読んでみてください。

ニューハーフという言葉

word

まずそもそもニューハーフってもっといい言い方ないんですかね?
シーメールっていうのもなんかシーフードみたいに言葉の響きが海っぽくてピンとこないんですよ。
シーメールのシーはSHEなんですけど。
ニューハーフって言葉の響きがなんかギャグっぽくないですか?
ザ・和製英語って感じなのもなんかダサい笑
もうちょっと何かいい呼び方出てこないもんですかねー。

女みたいな男への憧れ

newhalf

それはそうと僕はニューハーフに以前から興味がありました。
いつからだったかはあんまり定かじゃないですけど女性みたいな男性に興味を持ったのはルーツ的には中学生とか高校生の頃に好きだったビジュアル系バンドの影響かもしれないです。
ファッションとかメイクとか憧れて自分でも色々やってましたもん。
誰に憧れたとかは黒歴史になりそうなので言いません笑
まあ結局自分のブサさに絶望したり興味の幅が歳を重ねるごとに増えてきたりしてそういう路線からは遠ざかっていきます。

ニューハーフが気になる

interested

それからSNS時代になると僕も色々手を付け始めるわけですが、SNSってコミュニティとかあるじゃないですか。
それでマニアックなコミュとか色々見てみたりして感動するんですよ、「自分以外にもこんなの好きな人いるんだ!」って。
「うわーSNSってすげえ」って。

それで色んなコミュに参加しまくるんですね。
その中にニューハーフコミュニティもありました。
綺麗な人から汚い人まで写真とかアップしてる人結構いたんですよ。
それで自分でも掲示板に書き込んで交流したり、フレンドになってやり取りしたりとか色々してました。
実際に会ったりとかはなかったんですけどねー。
エッチしたいとかそういう下心じゃなくて、ニューハーフの人に会ってドキドキしてみたかった感じです笑
この頃から「ああ自分はニューハーフ好きなんだな」って自覚するようになりました。

ニューハーフバーにて

bar

僕はゲイってわけじゃないんで女性も好きです。
社会人になって色々な女性とも付き合いましたが長くても2年ぐらいかな?それぐらいでしたね。
だんだん冷めてくると手を繋ぐのがめんどくさくなったりとか扱いが雑になっちゃうんですよね笑
だからどっちかというとフッたとかフラれたとかよりケンカして終わっちゃうことも結構あって。

そんな感じでダラダラと過ごしてたんですが、ある時友達とニューハーフのバーに行ったんですね。
彼女と別れて色々モヤモヤしてた時期でもあったし勢いで。
そしたらすごい楽しくて。
すごいドキドキしました笑
だって見た目どころじゃなくて仕草とか、声まで女性みたいな人とかいるんですよ。
声なんてどうやって変えるんだと思ってたらそういう訓練があるらしいです。
見た目は完全に女性なのに下はちゃんとチ●ポが付いているというわけのわからないシチュエーションが刺激的でしょうがない。
話も芸人さんみたいに楽しくて、帰ってからもニューハーフのことばっかり考えててすっかりニューハーフ熱が再燃している自分がいました。
今だから言いますが思い出しオナニーしてしまいました笑

ニューハーフに触りたい

touch

そうなるともうニューハーフのことが気になって仕方がありません。
オナニーしてしまった以上完全に性的な対象です。
ニューハーフとセックスしてみたいという気持ちがどんどん膨れ上がってニューハーフのエロ画像を集める日々です。
ニューハーフと仲良くなりたい、なんなら付き合うとかどうだろう?とか思い出しました。
足しげくバーに通う?それもありかもしない。
バーに行けば会話をする。
今の自分の最大規模の話題といえば何だろうか?

「ニューハーフのエロ画像集めてます。」

「2日に1回ぐらいニューハーフでオナニーしてます。」

ああ、ダメだ。
もうニューハーフを我慢できてない。
とりあえずニューハーフに触ってみたい。
決めた、僕ははみ出るぞ。
はみ出た先はもう全部自由だ。

そんなことを考えながらニューハーフに手っ取り早く触れる所といえばやっぱり風俗しかないわけで笑
今まで普通の風俗ですら行ったことないのにデビューがニューハーフ系とは人生どう転ぶかわからないもんですなぁ。

ニューハーフ風俗

brothel

で、我慢できない僕は数日後新宿に向かいました笑

風俗初体験。
店に入り出勤中の子のリストを見ると「うおお」となります。
それぐらいガチでかわいい子だらけ。
バーのニューハーフのレベルを遥かに上回っている!
噂のパネルマジックかと思いきや出てきた子はかなり写真に近い。

「はじめまして~、加奈(仮)といいます。」
「あ…よろしく…」

いやかわいい。
チ●ポ付いてるのか本当に疑いたくなるぐらいかわいい。
部屋に入るとプレイ開始。
ニューハーフとのプレイなんてどうやるんだろか?と心配していると加奈(仮)ちゃんがリードしてくれました。
まずはシャワーで目の当たりにする加奈(仮)ちゃんの男の証明。
男の物を触ったり舐めたりするという初めての体験。
実際できるか不安でしたが、見た目完全に女の加奈(仮)ちゃんの物だと男の物という感じはあまりなく、なんか不思議な気分になりました。
これがおっさんのとかだったら断固拒否だと思いますね笑
最終的には僕が加奈(仮)ちゃんのアナルでイキました。

なんかね優しい気持ちになったんですよ。
ふわっと柔らかい感じがして。
知ってる気持ちですよこれ。
惚れるっていうやつです。
異性に惚れるっていう気持ちと味付けも何も変わらない「惚れる」です。
惚れるっていうのは一つしかないのか、相手がもし電信柱だとしても惚れたら柔らかくなるのかなって思いました。

何回も通う

go

完全に加奈(仮)ちゃんにハマった僕はそれからそのお店に通い始めました。
とりあえずは覚えてもらわないとダメだと思って回数。
そして次は本当に加奈(仮)ちゃんのことが気に入っているということをアピールするための時間。
最初は1時間だったんですが、3時間とか時には4時間とか予約することもありました。

それだけ時間があればプレイ以外にも普通の会話も楽しめますよね?
やっぱり気になる子をゲットするのって、特にこういうノーマルでない子をゲットするためには会話って大切だと思うんです。
そのなんてことのない会話の中で他のセックス目的で来る人たちとは違う部分をアピールしたかったんです。
一応セックスも目的ではあるんですけど笑

どうやったかと言えば加奈(仮)ちゃんはニューハーフだからどうとかではなく、ニューハーフである以前にあくまでも普通の人として接することを心がけました。
ニューハーフってだいたい色眼鏡で見られると思うんですよ。
それはそれで仕方ないし、そういうことを覚悟の上で加奈(仮)ちゃんもその道を選んだのかもしれません。
だけど、僕はなんかそう扱うのがそれが嫌だったんですね。
1人の人として見てあげたいとかそんな高尚なことじゃなくて、なんかつまんないなーって。
ただでさえ刺激的なニューハーフをニューハーフとして扱わないってさらに刺激的だなと思ったんです。
加奈(仮)ちゃん的にも刺激的なことだと一方的に思いました。
あ、でも外見を褒めるのは大事なのでちゃんとやりますけど笑
あとは甘いものが好きだって言ってたから時々お菓子持ってったりとかそんな感じで通っていました。

ついに告白した

iloveyou

そんな感じで通ってるとだんだん仲良くなってきて色々とプライベートのこととかも話すようになります。
でもずっとそれじゃただの話の合ういい人ですよね。
相手はやっぱり仕事としての風俗嬢、どうしても見えない壁があります。
そこをどう乗り越えたかはこれといって特別なことはしていないと思います。

勝手に機が熟したと判断した時、僕は「初めての時から加奈(仮)ちゃんのことがずっと気になって仕方がない」と伝えました。
加奈(仮)ちゃんは「なんかそのうち言われそうな気がしてた。でも…」
とその時は僕が客という立場も考慮してかやんわりと拒絶されてしまいました。

でもね~諦めきれなかったんですよ笑
これで諦めたらただの壁じゃないかと。
僕は壁とセックスしてたのかと、なんかそんな気がしてそれが悔しくて笑
てことでそれからもめげずに通って加奈(仮)ちゃんを指名し続けました。
壁になった加奈(仮)ちゃんを元の姿に戻すべく。
風俗嬢に「好きだ」って告白する人って結構いると思うんですよね。
でもそれで案の定フラれてもまだ通い続ける人って少ないんじゃないかなと。

さすがに毎回言うとウザがられるだけなので毎回は言いません。
基本は諦めたフリしています。
そうするとで気持ち的に主導権を握れることに気付きました。
相手はなんかモヤッとした違和感を感じると思うんです。
それで時々思い出したように「あれ…やっぱりダメかな?」とソフトに言うんです。
そうやって通い続けました。

で、結果は…

result

ねじ伏せました笑
さすがにここまで何回もフラれてもめげない人はいなかったらしく、本人曰く「歩いてる時とか顔が浮かぶことがあった」「しつこいけど何故か嫌な気はしなかった」とのこと。
結果的にはしつこかったのと諦めたフリが功を奏したようです。
加奈ちゃん(仮)にとっては僕という常連客を失うことにもなるんで悩んだかもしれません。

加奈ちゃん(仮)と連絡先を交換しました。
僕は仕事のことはあえて何も聞きません。
心配していた高収入の職業ならではの金銭感覚ですが付き合って半年、今のところ特に問題はないようです笑

2020年10月21日 カテゴリ:
タグ:

ホル乳女装のアナルオナニーがこれだ

pv009_1604261

女性ホルモンを投与し続けて得られるものがいわゆるホル乳である。
これを持ったホル乳女装のアナルオナニーはよく動画配信サイトや出会い系サイトで拝むことが可能である。

特に女装専門サイトで出会った女装子と直接出会ってそのアナニー姿を観察するのはとても楽しい戯れの一つである。
私は今現在一人の都内の女装子と仲良くなって遊んでいるが、彼女は脚も腕も身体も顔も綺麗なので見た目が最高だと自分では満足している。

続きを読む

2019年3月5日 カテゴリ:

強制性転換タックのやり方

pv009_1612221

男性が自らの身体を強制的に性転換したかのように見せるためには、タックという技術が必要です。
この強制性転換タックのやり方は実にシンプルで、ペニスと睾丸を股間の内側、恥骨の隙間に押し入れてしまうだけです。

ただ文章にすればこのようにシンプルですが、実際挑戦してみると妙に不安になったり、怪我や事故の可能性も出てきてしまいます。
ですから自分自身を女体化させるためのタックは、できれば女装サイトで出会える先輩女装子などから直接やり方を教わることをおすすめします。

続きを読む

強制性転換調教ケツマンコ

pv009_1608081

強制的に性転換調教を受けたマゾニューハーフは、ケツマンコの感度を普通の男性の数十倍に上げられるものです。
たとえば前立腺にまだ触れてもいないのに、腸内の壁を少し刺激されるだけでも簡単にイってしまう場合があります。

この特徴を上手く利用すれば普段女性をイカセる力に乏しいと感じている男性は、実に簡単に女をイカセることを経験することができます。
たとえ元は男でも女性に自分自身の力で効果的な攻めを行うことができるようになれば、どのような童貞男子もアナル拡張の素晴らしさを理解できるのです。

続きを読む

タックはオナニーよりセックスで活かせ

pv009_1601081

男の下半身はペニスタックで女らしい見た目にできるものであり、このタック技術を習得することがメス化の第一歩です。
現に私はこれまで何度もタックで女性器を偽装し、どう見ても女性の下半身にしか見えない下着姿などを写真に収めることができました。

おかげさまで自分なりに女性らしい姿になれて気持ち良い女装オナニーができるようになりましたが、この完璧な女装姿のまま犯されてみたいとも考えました。
結果として私は今回成功させたタック下着姿のまま、一人の女王様にアナルファックされることで、自慰行為より強力な快楽を味わうことができました。

続きを読む

2019年2月22日 カテゴリ:
Return to Top ▲Return to Top ▲